So-net無料ブログ作成

現代ドラマ「チャンファ、ホンリョン」【全75話】第37話(74-75)「妻への疑いと確信」 [▲チャンファ、ホンリョン(27話~)]

 コンジュの手が真っ赤に染まっているので、
以前のテユンのときみたいに、
手をつねったのかと思いきや。
赤チンをぬっていたのですね。
びっくりしました。
だけどキズには消毒液が必要なのは納得です。
気持ちが嬉しいですよね。

 ホンリョンの様子が尋常じゃないということで、
緊急入院することになりましたが、
看護婦さんから、夫婦と思われていたみたいですが、
テユンは訂正しませんでしたね。
訂正するのも変だと思ったんでしょうけど。
ホンリョンの保健証はどうなっているんだろう?

 それ以前に、退院。
早すぎですよ。1日じゃないですか?
 チャンファもそうだったけど。
同じ部屋だったような気がします。

 チャンファの父。
野放し状態になっていますね。
チャンファも普段なら、無視するのに、
その場にいさせるだなんてよっぽど動揺している証拠。

 だけどソクトゥに事情をきいてしまったおかげで、
元気になったみたいですよ。
ホンリョンのことを好きだとテユンに告白されたのに。

 このネタを使って、
ホンリョンをゆすることになるんでしょうけど、
ホンリョンも負けちゃあいられませんね。
ソクトゥに傷められたけど、
その代わりに証拠となるネックレスを入手しましたよ。

 スチャンから、ネックレスをもらった際
「これ、チャンファのよ」
みたいなことを言っていましたが、
なぜわかったのか謎(笑)
そこで

「チャンファが高校時代に好きでよく身につけていたの」

みたいなことを言っていたら、
よかったんだろうけど。ちょっと突拍子なかったかなぁと。

 あとテユンの書斎に置かれている本のタイトル。
なんとなく判明。『アメリカに於(お)ける誇りと文化』っぽい。
「於(お)ける」なんて今の日本じゃあ、そうそう使わないでしょう。
うーん。日本のサービスだろうか。

 そっちのタイトル調べに夢中になって、
肝心の個所を聞き逃してしまった感があります(汗)
 あれって、やっぱり、雑多に入れたのかなぁ。
アマゾンでざっとしらべても表記はなさそう。

 次回で本格的なタイトルをみておこうっと。
みるところが違います(笑)

 チーフ。
テユンの言っていたことを実行しましたね。
チャンファのこともあるから、見逃すかと思っていたんですが、
お仕事ですしね(苦笑)
だけどやっぱり、チャンファに連絡しましたね。
忠実すぎます。

 逆に慎重なのが美容院の店長のサラ・チャン。
第三者的な立場から、情報を操作しているのがいいですね。
素直に話していたら、
どうなっていたんだろうという要素が
けっこういっぱいありますものね。
 しかし、テユン。
チーフをボディーガードにしたらいかんでしょう。
せっかく内密にコンジュの財産を相続をさせようとしたのに、
バレバレですよ~。

 ウンナム。
いつの間にかメールのやりとりから、
チャットと化していたのですね。
当初、ゴンミが書き込みをしたのかなぁと
思っていたのですけど、
ゴンミが寝ているときにメールが入ったため、
まさかあの女社長がしているのかな。
と予想を立ててみたら、見事あたりました。
眼にクマができるほどチャットをやりとりしているわけで、
女社長。
自分のところの会社はどうするんでしょう?
 経営傾きそうな気がします。

 それに加え、ファンクラブ結成するって、
サクラを雇うんでしょうか?
 いろいろ不安要素が積もりますが、
ゴンミ夫婦はある意味で
テヨンの理想の夫婦なんだろうなぁと思います。

 そうそう。ホンリョンが復帰した際、
ジョンヘ達に変わりようは面白かったですね~。
スチャンとテユンはおでん屋さん?
で同じ女性を好きとはしらず、語り合っているしなぁ。

現代ドラマ「チャンファ、ホンリョン」【全75話】とは?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

恋愛ドラマ「華麗なる遺産」【全28話】第2話「崩れていく幸せ」 [▲「華麗なる遺産(2話~)」]

 「華麗なる遺産」と打とうとしたら、「華麗なるイサン」が出ました。
そりゃあ、「イ・サン」のサン=正祖(チョンジョ)は
華麗でかっこいいですけどね。

 だけど、「チョン・ヤギョン」の正祖(チョンジョ)は
失礼ながら、ギャップがありすぎて、ちょっとがっくし…(^^;
 時代背景的な問題もあるでしょうけど。
 私のように、カッコいいイメージを持たれている方は、
先に「チョン・ヤギョン」からみたほうが、
ダメージが少ないです(笑)

 さて、「華麗なる遺産」は1話を逃して2話から。
1話はレンタルすることにします。
 1話を見逃していても内容は伝わってきましたよ。

 お父さんがなくなって、負債を抱え込んだため、
家を抵当に入れることになってしまったんですよね。
あれ? 「妻の誘惑」「メリは外泊中」でも
赤札パターンあったな(笑)

 みるところによるとお母さんは継母なんですね。
それでウンソンの弟は自閉症があるらしく、
家族関係はうまくいっていないみたい…。
とすると継母が結婚の決め手はやっぱりお金なんでしょうか。

 債権者たちにお金がないと言っていた割に、
立派な部屋を借りていたり、車を持っていたりしていたわけで…。
あくどいなぁ。
娘のスンミはウンソンの味方みたいだけど、
母親としては、これ以上、自分の負担をかけたくなかったから、
ウンソン達を突っぱねたんでしょうけど。
それにしても母親の権利としてどうよ。みたいな。

 困ったウンソンは友人に助けを求めるけど、
弟のウヌの行動でままならない状態に。
ついには二人で飛び降りて死のうとさえおもってしまうわけで…
だけどウヌの「姉さん大好き」の言葉に
自殺を思いとどまったわけで…よかった~。

 友達のヘリに助けを求めたことで、
食と部屋を一応の確保ができたけど…。
働き場所がちょっとびっくり。
ホステスでなおかつコスプレとは。
しかも意外にノっていた感じがしましたけど(笑)

 コードネームはスパイですよ♪ 
外国人の人も来るんですね~。
それを偶然スンミが見てしまい、
あわてて帰ってしまいましたけどね。
あれって、罪悪感だろうなぁ。

 スンミと一緒にいたのがファンですよね。
ファンって、おばあさんの命令で、
留学を途中でやめて帰ってきたんですね。
しかも後継ぎとして。

 普通だったら、
自分が社長になれるわけだから、嬉しいとは思うんですが、
母親も本人もよく思っていないみたい。
めんどくさいからかなぁ。

 次期後継ぎといえど、
会社の仕組みを知らないといけないから、
副店長という役割でも、
一般の社員と同じようにしないといけないのに、
ファンってば、自分勝手に思い通りにするものだから、
店長怒ってしまいましたよ。

 「自分が社長になったらクビにしてやる」

とのファンの発言に、
「辞表を書いて、やめてやるやる」
ですもの。よっぽど腹に据えかねたんですね。
 あの態度は誰でもハラたちますよ。

 にして心配なのはウヌですね。
ヘリの友人にお使いを頼まれたけど
ピアノが目に入って、あんまりひくから苦情でしょうね。

 継母のところへ連絡が入ってしまって、
それでウヌが住所を覚えていたものだから、
ウンソンにばれたらだめだっていうんで、
車を走らせて、どこかへ連れて行きそうですもん。
 
 そういえば、電話番号とか住所。
字幕では××で表現されていましたが、
吹きかえはバッチリ話していましたね。
いいのかしらん?

恋愛ドラマ「華麗なる遺産」【全28話】とは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

オリコン10位ならず(泣)ぷいぷい軽音部「未来の花束」 [■日本]

 ココロ…やすらぐ。
 景色…カワル。
 未来…彩る。
 世界…つながる。
 それが未来の花束。

 とうとう発売されました。
関西ローカル番組であるMBS(毎日放送)の
「ちちんぷいぷい」から9組のアーティストさんが歌われる
シングルCD「未来の花束」が発売されました。
以前、「すごくおいしいうた」というアルバムが発売されたのですが、
今回もそれに負けず劣らず、いい曲にしあがっています。

 「大切な人を想い浮かべて聞いて下さい」と
言う文句だけで前回の「明日の空」で
じんわりときちゃいましたが(苦笑)
誰が聞いても、穏やかに、にっこりとなってしまう、
ほんわか、ほかほかのふかしイモみたい。

 そして、「未来の花束」の公式サイトにある
プロモーションビデオもいいんです。
これが。
本当、子どもたちのにこにことした表情は、
なごみますね。

 しかも、このCDがウィークリーランキングで
オリコン10位に入らないと、
宣伝隊が1日限定おしゃれパーマをかけないと
言う罰ゲームが待っていると言う(笑)

 西さんには悪いけど見てみたい気もします(笑)
けど画面で作ると言う手もあるんじゃないかなとは
思いますけどね。ほら、美容整形? 
でアフターバージョンをみることが
できたりするじゃないですか。とも思ったり。

 さて、肝心のCDですが、事前に予約しちゃいました。
楽天ブックスでは一時期、品切れ状態でしたが、
やっと入ったみたいで、
それにランキングに掲載されているじゃないですか。
品切れでなかったら
もっとランキング上位だったんじゃないかなと思います。
前回もそのパターンだったような。

 けど、発売から17位14位ときて10位ですか。
さすがです。
このまま逃げ切れれば、なんとかいくんじゃないですか?
 と思ったら、12位にダウン…。そして14位。
13位。うーん。難しい…。14位。
とオリコンランキングをみながら、ハラハラしっぱなし。

 そんなことそしながら、
家に来るのは通常版の青か、
それとも年内版の白か。
青色のほうがいいような気もするけど、
年内版の白も気になるなぁ。
とワクワクしてまっていたら、白でした。
アマゾンでは青だったっぽいですね。

 しかし、ジャケット撮影あれはジャンプして
撮影しているとは思いもしませんでした。
てっきり歩いているものだと…。

 そして、肝心の結果は、前回と同じく14位に。
 残念。
だけど、あの競合並みいる中での
14位はいいんじゃないですか。
 結果、西さんたちのパーマをみることができましたが、
いやはや、お疲れさまでした。
 西さんの短い髪には本当にダメージがきつかったですね。
山中アナのイスラエルの黒い粉も気になるところですが(苦笑)

 「明日の空」に引き続き、いろいろなシーンで使えそう。
「明日の空」は結婚式とか、卒業式のイメージがありましたが、
今度の「未来の花束」ではプロモの影響もあって、
子どもの成長なイメージが強いかな。
胎教用にもよさそうですね[黒ハート]

 個人的に公式プロモ一番のお気に入りはラスト。
アーティストのみんなが中心に向かって、
一輪の花を出しだすあのシーン。
なんか好きなんです~。







未来の花束

未来の花束

  • アーティスト: ぷいぷい軽音部,おいしいうたファミリー
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2011/11/02
  • メディア: CD








すごく おいしいうた

すごく おいしいうた

  • アーティスト: オムニバス,しおり,和紗,中孝介,おいしいうたファミリー,Dew,かりゆし58,矢井田瞳&恋バスBAND with 小田和正,城南海,植村花菜,PENGIN
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

現代ドラマ「ベートーベン・ウィルス」第12話「男のプライド」 [▲ベートーベンウィルス(1話~)]

 コーヒのために来ただなんて、素直じゃないんだから。
カン・マエってば。
 逆にルミが心のままに、動きますけどね。
しかしルミは正直ものですね。
カン・マエに言われたとおり、行動していますもん。
だからオケでの出来事も知らず…。

 カン・マエはこんな状態でも、
ルミが練習をさぼったことを怒っていましたが、
旅行中にしかもアウトドア?
 で練習するかなと思ってしまいます。
弾いている最中、男の人が映っていましたが、
あれって、一般の人だったんですね。
からみがなかった~(笑)

 あのカン・マエが普通の電車に乗るだなんて、
めっさ意外。どうも心地悪そうですね。
そばでルミがうとうとしていますし。
もたれていいとかけなしの勇気? 
でカン・マエが言ったのに、
邪魔が入るのはお約束(笑

 ゴヌなら仕方ないですね。
ゴヌもいろいろ苦労を背負い込んでいますよね。
寄りかかれば楽なのに、
男の意地で何とかしようとして。
それがカン・マエには面白くないんですけどね~。
男として本音で話せというのに、
ゴヌはどこか遠慮していますもんね。
尊敬する師匠ですし、仕方がないんだろうけど。
カン・マエとしては本気で
ぶつかりたい相手なんでしょうね。
ルミのことだけでなく。
こういう男の友情っていいですよね。

 でもカン・マエ。
ゴヌに内緒で最強の助っ人を読んだりしたら、
余計まずいんじゃないですか?
 しかもソ・ヘギョン直々に変装させたりして。
私もだまされちゃったじゃないですか。

 って、役柄のことだけよね~とおもいつつ、
調べたら…。
本当にいるそうですよ。ソ・ヘギョンって。
 本人役で出ていらしたそうです。
しかもガンを克服されたピアニストのようです。
そりゃあ、本人だから、本人に似ていますよね(笑)

 そのソ・ヘギョンが出ているとわかったら、
すごい騒ぎになりますよね。
話題作りにはなるけど、ゴヌ達にとったら、
自分たちが認められないってしょげるかも。
だけど逆に彼女が認めるなら、
すごいオケなんだ~ということにもなりそう。
もろ刃の刃ですね。
うまくいきますように。

 もろ刃とくれば、カン・マエとルミの仲も
オケメンバーに知られちゃいましたね。
まだ疑問符が付いていますけど。
あの食事会って、彼らをひきあわせるために
計画したんじゃなかったんですね。
てっきりそうだと思い込んでいましたよ。

 それにしても心配なのはガヒョン先生ですよ。
痴ほう症。
どんどん進んじゃっていますね。
周囲も彼にあわせて…
カン・マエがどれだけ彼に敬意を表しているか、
分かります。だけど、なんかねぇ。
ハ・イドゥンの言うこともわかります。
もやもやしますよね。

 やっぱり、一番仲が良かったんだなぁと
あのセリフでしみじみと。
先生も娘と見間違うぐらい彼女のこと
心配していたんですね。
なんだかジーンときちゃいました。

現代ドラマ「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~」【全16話】とは?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

現代ドラマ「妻の誘惑」【全129話】第06話「愛の巣」 [▲妻の誘惑(1話~)]

 エリがギョビンと一緒にいたことをどう話すのかと思いきや、
ワークショップをやったホテルで一緒になったと話しましたよ。
あれって、ギョビンを試していたのと違うかなぁと思ったり。
しかも妻がいるのにかかわらず、
情熱的なキスを2回するし…。
神経図太いなぁと思います。
それだけ彼に本気だということになるのかな。

 しかしウンジェも不憫ですよね。
何が悲しくて、浮気相手の世話をしなきゃいけないんでしょう。
本人は知らないわけだけど。エリの車にしても、
ウンジェが体を張ったからこそ、もらえたわけで、
車と家が買えるなんて、結構なお値段ですよね。
それに加え、ギョビンが戻ってこないから、
ごまかしたのに、使えないやつだなんて…。

 あとで御礼を言っていましたが、
あとでウンジェにじゃれついていましたが、
あれって、ごまかしですよね~。

 ハヌルにウンジェをいじめるなと
クッションで叩かれていましたが、
ちょっとすっきりしました。みる人が見たら、
まわれ右な展開ですが、見抜いていたんですね~。

 しかし、エリってば、あくどいですね。
ギョビン母に別居したら子供が生めるかもって、
ウンジェが言っていただなんて…。

 正しくは先生が別居を提案したんですけどね。
ねじ曲がりすぎですよ。しかも流産したのって、
ギョビン母が原因なわけでしょう。ひどすぎます。
ぷんぷん。

 ギョビンに怒る視聴者の願いをかなえてくれたのかどうだか、
ゴヌがへこませてくれますね。
やはりギョビンはお飾り社長なんですかね。
お父さん、息子の教育には失敗したと思いますよ~。
って、こちらが言うのもなんですが。

 しかし、エリ。
店員のニュアンスで誰か来たかわかるんですね。
ギョビンだと思って、ガンジェが来たら。
はたまたガンジェだと思って、
ギョビンだったらどうするんだろうと思っていたんですが、
それより先に、男二人がばったり出会っちゃいましたよ。
さあ、どう反論するんでしょうね。楽しみです。

※ 現代ドラマ「妻の誘惑」【全129話】とは? ※

 余談あります。

続きを読む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。