So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】第11回 「思いがけぬ褒美」 [▲トンイ(1話~)]

 NHKの公式でチ・ジニシのインタビューをみてから、
この回をすっごく楽しみにしていたのに、
録画が録画が変になってしまい、
前半アウトになってしまいました~。
がっくし。
トンイ」なのにバラエティが入り込んだり、
そりゃ「探偵ナイトスクープ」は好きですが(笑)
他の韓流はおいでなすったりして。
散々。
コマ映像みたいな感じなんですよ~。
おそらくDVDなどに水をつけるか傷をつけたら、
そんな感じになるかなぁと。

でも録画したのHDDなんですけどね。
ホコリを拭いた時に、奥にはたきを入れすぎたのかなぁとか。
一度修理に来てもららねばなりませぬ。
使いすぎの確率大ですが。
 また少女編のときみたいに、ぜひ再放送を願います~。
ダイジェストでも見れそうですが。

 でもせめてもの救いは、
なんとか四人で飲んでいるシーンをみられたことでしょうか。
あれって、ラスト何分前でしょうか。
ファン様(と表記しようかなぁ)
とヨンダルが王の護衛兵士に捕まって、
誤解が解けて離してもらったところからだったんですけどね。

 4人で和気あいあいと飲んでいましたが、
王様だとは知らないから、みんななれなれしいなぁ(笑)
 お酒の一気飲みはあまりしたことがないんですね。
しかも銘柄も違いますからね。
物珍しさもあったことでしょう。
ブタの皮、カルチャーショックだったみたいですね。

 「イ・サン」でのサンはあちこち出かけていましたが、
「トンイ」の粛宗(スクチョン)は
箱入り娘ならぬ箱入り息子ですからね。
全部が物珍しいでしょうね。

 お祭りとかもそうですし…。
線香花火を持ち歩くシーンって、
確か「イ・サン」でサンとソンヨンがやってませんでしたっけ?
 とかいろいろ。

 オクチョンがトンイを推薦したんですね。
粛宗(スクチョン)がトンイの願い? を聞いて、
配置換えをしたのかと思っていたんですが、
オクチョンの言葉を受けてかもしれませんね。

 しかも部署があの監察府(カムチャルブ)ですよ~。
まだこの名称は一発で出てこないですね~。
修練あるのみ。
 あ、監察府(カムチャルブ)って、
実際はなかった部署みたいですね。

 トンイの頭脳を生かせる場所としては、
いいやもしれませんね。

 でも彼女を置くことで、オクチョンへ情報を渡す
スパイの役割を果たさないといけなくなるかも
しれませんね~。


 トンイが監察府(カムチャルブ)に行くということは、
以前の私の予想も当たりということになりますね。
トンイの服装。
監察府(カムチャルブ)の衣装に似ているなぁと思っていたので。
 
 となるとミン尚宮(サングン)もとい
ポン尚宮(サングン)の出番が増えますよね~。
ちょっと楽しみだったりします。

 残念なのは、オクチョンの兄であるチャン・ヒジェが
ワンシーンしか見られなかったことです。
実際はもっと出ていたと思うんですが。
次回は見るぞ~。

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】とは?

 余談。

 また他のレビューの中にも出てくると思いますが、
あまりに録画の映像がひどいので、地デジ化にあわせ、
これを機に、ビデオを買い直しました(苦笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。