So-net無料ブログ作成

現代ドラマ「IRIS - アイリス」【全20話】 [┠現代もの]

 「24」みたいなスピーディさで
見るものを魅了するスパイアクション。
 漢(おとこ)と漢(おとこ)の魂の
ぶつかり合いが火花を散らします。
イ・ビョンホンのモムチャン(肉体美)ぶりにも注目(笑)??
 
 彼の作品は久しぶりに見たので、
勝手におかえり~(笑)でした。
 キラースマイル爆発で、韓ドラを見たことがない方でも
ストーリーと合わせて、釘づけにされたのでは(笑)?
 眼力(めじから)は個人的に彼のために
あるような言葉だと思います。

 作品としては、本当に男の戦いって感じで、
男性向きな作品かと思います。かといって、
汗臭さを感じさせるわけでなく、熱い熱いんですよ。
画面の向こうから、パワーが伝わってきます。
 かといって、女性も置いてきぼりでなく、
オレについてこいとばかりに、
ぐいぐいと引っ張ってくれるエネルギーを感じさせます。 
そして、ビョンホンシをどう転ばせるかの、
スンヒの立場がキーになっていているのもミソですね。
最後の砦みたいな。

 内容的はスパイ大作戦みたいな感じで、
北との対決が盛り込まれ、主人公たちの動向に、
ハラハラドキドキ。
 北とのやりとりといえば「ファッション70’」でもあったような。
でもあれは戦争でしたけどね。

 もちろん? 恋愛要素もあり。
オフィシャル見て気付きましたが、
三角関係もお約束でしたね(笑
そういうの好きすぎてお約束だと気付かなかったです。
 よくよく考えたら今視聴している
憎くても可愛くても」もそうでした。

 声の配役については、慣れかなぁと思います。
現在では、字幕で見られる方法も確立していますので、
イマイチ~と思われた方や韓国語レッスンに使用されたい方は、
この方法はいかが?

-----
  デジタル放送のみ
<字幕バージョン>
音声…複製語(韓国語)
字幕…オン

-----

 ちなみにスンヒの役職”チーム長”は
憎くても可愛くても」のダンプンと同じ役職です。
字幕にして、そうだったと納得した事実。
「チンジャニム~♪」(正しくは『ティムジャンニム』らしい)
現金なもので、こんなちょっとしたリンクも嬉しさを覚えます。

 吹き替えに関して、以下は私的意見ですが、
不快に思われた方はスルーしてください。
アイリス」のほか「朱蒙 (チュモン)」(36話以降~)についても書いています。
補足を後でするかもしれません。

 続きを読む。からどうぞ。
辛口で申し訳ありません。
















 ビョンホン氏は高橋和也さんのイメージがあるので、
藤原竜也くんの声は申し訳ないけど、軽く感じます。
 大学院生を演じているから、
そのキャスティングにされたのだと思いますが。
大人の事情(笑??

 そういえば、初めてイ・ビョンホン主演の韓国映画が
上映された時、彼が発した第一声に観客が
私を含め、「ああ」と放ったあの出来事は忘れられません[わーい(嬉しい顔)]

 黒木メイサちゃんに関しては、
イメージがちょっと違う気もしますが、
もうちょっとやわらかければいいなぁ)
違和感はあまりないです。
韓国の女優さんには低い声の方がおおいので。

といいつつ、字幕放送のやり方を知ったので、
生で視聴する際は、切り替えそうですが、
録画はアナログなので、吹き替えで見ることになりそう(笑)

 でも最初の「冬のソナタ」でさえも突っ込みながら
見ていたのに、画面にくぎ付けになったという
いきさつがあるので、気にはしていません。
違和感あっても次第になれます。
 でも、「朱蒙 (チュモン)」の2部(36話~)で
声が宮野真守さんから小杉十郎太さんに
急に代わったのは違和感がありました。
小杉十郎太さんの声はもともと好きなんですが、
役者さんからはちょっと合わないかなぁ。

 最初、代わられたとは思わなかったので、
九死に一生な思いをしたから、声が低くなったのかと(笑
 年代を重ねていったのなら、
ぜんぜん気にしなかったんですが、いきなり変わるから…。
といいつつ、慣れましたが(笑

 イェ・ソヤの声も申し訳ないけど、
イメージが違う気がします。
もう少ししたら慣れると思うんだけど…。
もう少しかかりそう(笑

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます