So-net無料ブログ作成

現代ドラマ「憎くてももう一度」【全24話】 [┠現代もの]

 韓国版「牡丹と薔薇」。
 視聴がきっかけでもしかしたら、嫁と姑の戦争勃発?? 
男性の方がハダシでにげちゃうかもしれない、
シュールな復讐劇。

 「ゲゲゲの鬼太郎」みたいな、どろんどろんではなく、
愛憎しみのどろどろ~で別に意味で溶けてしまうかも?

 ダイアナ妃の事件現場を彷彿(ほうふつ)させる現場。
車に乗っていたのはあるひと組のカップル。
身分違いだけでなく、死によって
引き裂かれてしまったミョンインは愛のない結婚をし、
父の後を継いで、女社長として手腕をふるっていたが、
遊び人の息子を教育しきれないでいた。
そこでケンカを吹っかけてきたキャスターを使い、
後を継がせようと画策するが……。

 女性の強さが浮き彫りにされており、
(「憎くても可愛くても」のミエおばさんは可愛いものです)
男の立場が弱い弱い。女に振り回されちゃっています。
一緒に見ていたら、もしかしたら、
肩身が狭くなるやもしれません。
  昼ドラの定番+韓国の定番ものがほどよくミックスされて、
いい味を演出。
 女のあり方について考えたいなら、オススメかもしれません。

 定規で線を引いたように進む話ですが、
ウソ発見器に掛けられたかのように、ゆらめく時があります。
そこは誰にも見せられない弱さ。
その弱さをさらけ出せる人が現れたら、
運命を預けたくなりますよね。
そのかすかなゆらめきが魅力的です。
ラストがうまくタイトルとあっていて、
いいんですよ。これまた。

 「女人天下」の王妃が出てるとわかって見始めた作品。
ドロドロって苦手な作品かと思いきや、
意外や意外、縁起の良さも加わって、
すっかり夢中で視聴していました。
救いがあるのでちょっと助かった部分も。
やっぱり王妃、不幸な役割なんですよね。
男運悪いんじゃないでしょうか。
いや、役柄の話なんですけど、
ついつい思ってしまうわけです。ええ。

 「憎くても…」がつくタイトルで
憎くても可愛くても」というドラマがありますが、
こちらはま逆で、ラブコメタッチです。
 苦いブラックコーヒーに飽きてきたら、
こちらの甘めのミルクティーもどうぞ。

 同タイトルでパク・ヨンハくん主演もあるみたいですね。
そちらは未視聴なので、悪しからず。

 背筋がぞくっとくる親友同士の愛と憎しみの戦いである
チャンファ、ホンリョン」。
また違った、復讐劇の開幕です。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。