So-net無料ブログ作成
┗戦争ドラマ ブログトップ

戦争ドラマ「ファッション70'」全28話 [┗戦争ドラマ]

 戦争をきっかけにふたりの少女は
お互いの人生を逆転させて、生きることになる。
ある少女は記憶喪失になり、
コ・ジュニからドニに名を変え、隠れ住む生活へ。

 もう一人の少女は記憶を持ったまま、
ガンヒからコ・ジュニと名前を変えて養女となり、
お嬢様を演じきる。
 
 ふたりを結び付けるは、
デザイナーという職業。服を通して、
戦後の世界を生き延びる四人の男女の物語。

 大人にも子どもにも見せたい、
戦争の枠はちがえど、戦争とはなにか。
生きることとは何かを考えさせられる作品。

 子役がすごい。のひとことでした。
戦火のなか、駆けずり回る子どもにぐいぐいと
ひきつけられました。そして、戦争の恐ろしさも…。
もしかしたら戦時中を生きられた方は当時のことを
思い出しちゃうんじゃないかな。と思えるほど、内容が濃い。

 アメリカ兵にものをねだる様とか、日本でもあったそうで、
チョコレートとか、ガムとか。リアルに出てきたりします[わーい(嬉しい顔)]

 ちなみに待ち合わせ場所に使われていた
大邱(テグ)という地名。もしかしたら
IRIS-アイリス-」あたりで出てきたかも。

 お互いを逆転させて人生を歩ませるというのは、
ええっと驚きましたが、それぞれの親の想いも
込められているから、それはそれで納得できる半面、
子どもの人生はどうなるんだろうとも。

 だけど納得して生きているわけだから、
それはそれでいいのかもしれないけど、
いろんな意味で考えさせられる作品。
 でも他人として生きさせるのはやっぱり、エゴかな。
幸せだったらいいんですが…。

 キーワードはガンヒの母。
 このお母さんがコ・ジュニのお父さんに言っていたら、
話はすんなり終わっていたんですが(笑)
そうはさせないのが韓国ドラマ。
 ドニが自分がコ・ジュニだと分かるまで
はらはらさせられたし、
「アイ・ラブ・ユー」に泣いて、泣いて泣いて…。
切なすぎます。ええ。もう、たまりませんでした。
恋愛もあるのですが、
 ドニとガンヒの関係のほうにウェイトを置いてしまいました。
最後が…これまた泣けるのです。

 ファッション関係と聞くとさいとうちほ先生の
「ワルツは白いドレスで」より
「白木蘭円舞曲」シリーズのほうを押します。

 大正時代~昭和を生き抜いた
女の子・湖都の話なんですが、
外国人であるサジットと恋に落ち、駆け落ちして、
革命と戦争と夫の死という激動の人生を歩むのですが、
どこかこの「ファッション70'」の主人公ドニ(コ・ジュニ)と
かなさるものがあります。

 他にファッション関係だと華流のドラマにもなった
北川みゆき先生の「東京ジュリエット」もそうですよね。
現代版ですが。
 学生たちの熱きファッション魂が心を打ちます!

って、このドラマの内訳、現代ドラマじゃなくて、
歴史ドラマになるのかな。微妙だ…。
戦後になるけど、戦争ものの枠に入れようか…。

 そうそう、万博が出てくるんですよ~。
しかも太陽の塔で有名な大阪万博です。
 冬にお世話になるハイネックは
主人公、ドミが編み出したそうです(^^ 
ありがとう~。
あなたがいるから冬はこせるわ~。
冬はフリースが大助かりです。

 △




△Amazonにもあります。

ファッション70’s DVD-BOX I

ファッション70’s DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
┗戦争ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。