So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「イ・サン」【全77話】第10話「武官の墓場」 [┗イ・サン(第38話~)]

 わーい(泣)
HDDのほうに録画され、
残量がなくて、途中が抜けてしまいました~。
おかげさまで話数も飛んでみています。
最初の1話から見たい…。

 こういうとき、吹き替え版を見ていて
よかったなぁと思うのですが、
えーっとやっとこさ、サン。
王世孫(セソン)がソンヨンと再会しました。
もうなかなか気付かないで、やきもきしましたね~。

 やっぱり、ふたりの思い出の絵が
ふたりを結び付けたんだなぁと思うと、
心もほっこりきます。

 だけどいくら二人が好きあっていても、
身分が邪魔をしちゃうんですよね。
王族と平民ですもん。

 きっとソンヨンはテスと結ばれたほうが幸せなんだろうけど、
(『テスと』と売ったら、『テスト』が出てシリアス台無し)、
ソンヨンはサン。
王世孫(セソン)が好きなんだよねぇ。

 そうそう、吹き替えでは「王世孫(セソン)」様だけど、
実際は「チョーハー」なんですよね。
「チョーハー」とは、尊号らしいですよ~。

 殿下のことをチューナーというし、
ん? 改めて調べたら、「チョーナー」らしいです。
うわ~ずっと「チューナー」だと思い込んでいました。
テレビのチューナーで覚えやすいと思っていたのに(笑

 三人がそろって、サン=王世孫に近づこうと
頑張っているなぁという印象が。
テスが護衛官になるのは無理って
言っていたけど、なれるから、
がんばれ~と応援をばしていました。

 そうそう、カン・ソッキとソ・ジャンボが
出てくるのこの回でしたね~。
現在ではバリバリ働いているから、
もうすでに出ている印象がしていましたが(笑)

 テスもまだ護衛官の服装じゃないし、
まだなんだなぁということを再確認。
 でもその後、三人がサンのために
働くんだなぁと思うと今から楽しみだったりします。

 ホン・グギョン。
もうすでにセソンのそばにいたんですね~。
テスが護衛官になってからのイメージしていたんで、
早いような気もしたんですが、でもよくよく考えたら、
そのころだったよなぁと。
たしかサンに引き立てられたんでしたっけね。

 そうそう。オフィシャルの彼の写真。
一番ポーズ決めていますよね。
みるたび、かっこつけている~と思ってしまいます。

 ホン・イナン。
このころはまじめというか
威厳があったんだなとしみじみ。
サンと敵にならなければ、
あんな人生を歩まずに済んだのになあ。

歴史ドラマ「イ・サン」【全77話】とは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。