So-net無料ブログ作成

現代ドラマ「拝啓、ご両親様」【全68話】 [┠ホームドラマ]

 教頭を務める夫を家長に迎え、妻と4人姉弟と叔母。
それを取り巻く家族の物語。

 性格の違う姉弟たちが独立をしても、
親としては悩みは尽きることのなく、
むしろ増える一方。
だけどそれを楽しみに変換したら、人生もっと楽しくなる??

 あと、「ヨメ全盛時代」を見られていない方は、
先にそちらを見てから、「拝啓」を見ることオススメします。

 でないと、悶々(もんもん)とすることになりますよ~。
…ギ、ギャップとショックが大きいです(マジ)

 ※ 「拝啓ご父母様」と表記されているところも??

 タイトルを打った時、「拝啓、ご主人さま」と打ってしまい…(爆)
「メイド喫茶」? 
しかもタイトルを「打った」と
書こうとしたら「売った」と勝手に表記され、
散々になってしまいました。

 雰囲気的には「わが家」っぽい感じで、
憎くても可愛くても」のベコのお母さんが出ているので、
続けてみているような安心感はあります。
 しかも登場人物にスアちゃん(笑)
全然タイプが違うので、ギャップが面白いです。

といっても、視聴者側からであって、
役者さんには全然まったく関係ありませんが。
ごめんなさい。

朱蒙(チュモン)」のヘモス将軍も出ちゃっています。
やっぱり、ヒゲないとちょっとわかりづらいかなぁ。

 登場人物がどどどーんと出てきて混乱しちゃいました。
そういえば「憎くても可愛くても」でもそうでしたが、
時間が解決してくれるかと。
それまでは、長女、食堂の娘といった単語で覚えると吉です。

 子役の演技がすごい。
女人天下」の王世子(セジャ)もすごかったけど、
特に障害を持っているジュン役の子。
本当に障害を持っているかのように錯覚してしまいます。

 娘のスアちゃんも弟のことや
お父さんが不倫をしたりして、
悩んでいますがそれが自然な演技で、
画面で見ていてもどかしいです。

 そうそう。次男のジョンファンは「パートナー」で
弁護士をやっていたテジョと同一人物です。
節約したお金で弁護士になったんだぁと
勝手に妄想しています。
(注:全然、ちがいますよ~。念のため)
憎くても可愛くても」のミエもレギュラーでないにしろ、
登場していたりしして、ギャップが面白いです。
(それは役者だから)

 先ほど触れた結婚や不倫、障害、
ドメスティック・バイオレンス(DV)(映像ではないです)などなど、
どこかの家庭で、もしかしたらあるかもしれない
そんな日常を織り交ぜて、描かれており、
見ているだけで自分も家族の一員になったような
錯覚すら感じちゃうお話です。
 登場人物も身近にいそうな錯覚すら覚えます。

 子どもと見るよりは、親と一緒に視聴して、
いろいろ語り合いたくなる作品。

 これを機会に、両親にメールではなく、
手紙を近況をかいてみるのもいいかもしれませんね。
電話でないのがミソです(笑

●現代ドラマ「拝啓、ご両親様」【全68話】●
 
 第01話「父の誕生日
 第02話「夫婦の亀裂
 第03話「壁に耳あり障子に目あり
 第04話「妻の決断
 第05話「覆水盆に返らず
 第06話「遠くて近きは男女の仲
 第07話「母の想い
 第08話「親として
 第09話「止められない時計
 第10話「本当の理由
 第11話「父と娘
 第12話「別れの条件
 第13話「千里の道も一歩から
 第14話「嫁と姑






Amazonにもあります。

拝啓、ご両親様 DVD-BOX1

拝啓、ご両親様 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



おくりものに。


 追記。は
続きを読む。からどうぞ。
 記事をUPしたと思っていたんですが、
下書き保存にしていたらしく…げほんげほん(爆
あわててUPしましたです。ええ(滝汗)
 全然設定した覚えもないんですが…。
謎です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。