So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「風の絵師」【全20話】第11話「御真画師 (結)」 [┗風の絵師(1話~20話)【完】]

 絵が着々と進んでいますね。
木炭で下書きをして、
それから上に紙を敷いて筆で下書きをしていますよね。
やっぱり、相手が王様だから、上から縁取りしないのかなあ。

イ・サン」ではソンヨンがサドセジャを描くときは、
下書きをせず、そのまま描いていましたね。
モンタージュだからでしょうか。
 
 体は大きめで線は太く、
顔は小さく線は細い感じがします。
眉とかリアルですよね。
最初に白色をぬって(ピンク系)
彩色していっていましたが、重ね塗りなんでしょうか。
めちゃうすい赤色をぬっているなあと思っていたら、
(水を多く入れすぎた感じ)めちゃ濃くなっているし(笑)

 まあ、パレットに様々な赤を載せていたから、
重ね塗りかな。やっぱり。

 お兄ちゃんが作った色が使われましたね。
やっぱ、ユンボクが持っていた量だけじゃ、
たらなかったのね。

 お兄ちゃん、あれだけの量。
どこから調達したんでしょう。もとから、
保管してたのかしら。でも、
兄弟の想いが入った肖像画になりそうでよかったんだけど…。

 お兄ちゃん、目が悪くなっているみたいで…。
 空気がこもるから、窓を開けたらいいと思うんだけど…。
ダメなのかなぁ。
幻覚症状まで見るようになって。
まさかあんなことになるとは――。
やっぱり、もしかすると…なのかなぁ。

 でもそうだったとしても、
お兄ちゃん的には幸せでしたよね。
本来の姿のユンボクの絵を描くことができた上、
独り占めできたわけですから…。
 でも、しんでほしくないよ~。
(あ、ネタばれだ)

 逆に兄に焼きもちを焼いているのは師匠ですね。
女だって分かっているわけじゃないのか。
まあ、男だと思っているからね。
弟子愛と思っているから、気がつかないんだろうな。
 でも兄に対するあの視線はジェラシーを感じましたよ。

 放送始まった当初から思っていたんですが、
すごい手の動きが素敵ですよね。
繊細でいて、なおかつ心が伝わってくる。
師匠がユンボクの影を追うシーン。
あれは切なさを感じました。
 逆にウンボク側から師匠の影が
向かい合っているんだけど、
ふれあえそうで触れあえない、
そんなもどかしさが伝わってきました。

 ユンボクが描き上げた後、倒れたのって、
お兄ちゃんのことを双子みたいに
感じ取ったからじゃないかなと予想。
 もしお兄ちゃんが死んでいたら、師匠。
ユンボクを守る責務。重大ですよ~。

歴史ドラマ「風の絵師」【全20話】とは?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。