So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】第12回「新たな試練」 [▲トンイ(1話~)]

 画面が乱れるのが相変わらずでして、
きれいに録画できるときとできないときとがあり、
この回もヒットしてしまい…(泣)
録画残数なのか、録画数なのかわからないのです~。

 でも前回と違い、全滅ほどでなかったのでよかったかな。
だけどトンイが夜中に勉強するシーンが3回。
なぜかヨンダルとチョンスが酒を飲んで、
チョンスが夜空にたそがれているシーンが3回。
しかもたそがれているところだけ。

 あとミン尚宮(サングン)=ポン尚宮(サングン)と
チョン尚宮(サングン)が
定期試験について話しているシーン2回。

 残念だったのは、オクチョン母とテプン妻とのバトルが
途中で途切れたことですかね。
切れていてもあとで続きがみられる場合があったのですが、
同じところで切れていたので、やりとり見たかったですね。

 でもなんとなく切れ切れでもストーリーが
つながっている感じなのでまだよかったのですが、
どこでそのシーンが入っているのか
首を傾げるところもあり(笑)
早く修理をせねばっ。

 トンイが部署が変わる。
それ以上に身分が上がると言うことは
宮中での大事件だったみたいですね。
だけどそこでいいなと思ったのは、
皆が昇格を喜んでいると言うことです。

 さみしいのもあるけど、それをこらえ、
温かく送り出そうとしている。
トンイが掌楽院(チャンアゴン)で
どれだけ愛されてきたかわかりますね。

 でもちょっと腑に落ちないのが、その地位のことです。
兄は奴婢ながら、掌楽院(チャンアゴン)の一員として、
やってきたわけでしょう。
もしかしてキーセンだった
あの彼女に口利きされて入り込んだのかしら。
それか剣契(コムゲ)のために身分偽造したとか?

 トンイが入ることになった監察府(カムチャルブ)。
女官たちはトンイが来ることをよしとしないんですね。
それ以前に、監察府(カムチャルブ)って
エリート中のエリートが選りすぐられてくる場所とは。

 ま、刑を取り締まる部署だから当然と言えば当然ですが、
身分によることの差別かとおもいきや、
トンイがオクチョンの推薦で入ったことが問題なんですよね。

 言ってみれば、王妃様の敵であり、
以前、取り調べで無罪が確定(したはず)したにしろ、
黒のイメージが強いわけで…。

 王妃がトンイを押したということで収拾ついたけど、
そういうイメージがついているから、
その中で認めらるのは並大抵のことではないですよね。
そんな状態の中で、大妃(テビママ)は
追い出そうとするんですよね。
のちに西人(ソイン)派になるというのに。
しかも監察府(カムチャルブ)の試験という
正当性な理由で持って。

 上に立つ人間がそんなひどくないですか~。
提案した尚宮(サングン)も尚宮(サングン)ですが、
入って三日の人間に何ができるんだという。
でも夜中に勉強していたから、
もしかしてトンイならできるかもと思っていたんですが。

 ほら豆知識とかも得意ですしと思っていたら、
中庸(ちゅうよう)ときました。
トンイが知らないと言っていた儒教の書のことですよね。

 まっ、いやらしい。
ゆっくり進めばいいとおっしゃっていたじゃありませんか。

 ――はっ、本来ならオクチョンは
三大悪女の一人で悪役なのに応援している私がいる(笑)
 今のところ大妃(テビママ)が優勢で王妃の出番はなかなかですね。
張禧嬪(チャン・ヒビン)」の王妃は
すっごい聡明で存在感があったんですが。

 けど試験を受けなきゃいけなくなったことで、
周囲の目が変わっていくんじゃないかな。
特に隣に座っていた女官。相関図で
こちらの場合は登場人物ですね。
で調べたら、チョンイムですね。
チャングム」のシンビみたいな感じかな。

 大柄な女官・エジョンも仲間になるっぽい節が書かれており、
チャングム」のチャンイみたいな感じかなと予想中。
 そのエジョン演じる役者さん。
どこかで見たことがあるなぁと思っていたら
ラブトレジャー~夜になればわかること~」の
スズキハナコ役で出ていたそうで…。
それで見覚えがあったのかな。

 けどトンイ。
奴婢たちから試験のことを教えてもらえてよかったですね。
しかも洗濯していたら、私たちがやりますと言ってくれて。

 トンイが洗濯をするのは、
あれはもはや癖なんでしょうけど。
女官として見てくれたのでよかったですよね~。
これから彼女たちに情報を教えてもらいつつ、
成長していくのかなぁ。

 チョンス。チャン・ヒジェとあったことがあったんですね。
ヒジェって、おバカに見えて実はカシコブレーンと来ましたか。
オクチョンがかしこいわけだから、兄もになりますよね。
でも母親はかしこくは…見えないかも。
でもテプンの妻とのバトルは面白い~。
あとでテプン達。懲らしめられたんでしょうか。気になるわ。

 王様。かなりトンイにご執心ですね~。
監察府(カムチャルブ)の女官が通っただけでも
反応していましたもの。

 だけど王だとばれるのがちょっと嫌みたいで、
彼女と会うときはただの平凡な男として
会いたかったと言っていましたが、
判官(ハンガン)さまにしても、平凡じゃないと思いますが…?
 ま、王様と比べたらね。

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】とは?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

恋愛ドラマ「君は僕の運命」【全178話】第20話「うちに来なさい」 [▲君は僕の運命(1話~)]

 セビョク。保釈? されてよかったですね。
身元保証人になってくれたお父さんに感謝! ですね。

 スビンはなんだかなぁという感じです。
自分が身代わりを依頼したのにかかわらず、
あんな言い方。

 そりゃ、セビョクが何でもやりますと入ったけど。
バックもなくなったわけだし。

 ま、出張だからしかたないにしても、
テプン経由で無実が証明されただけよかったかな。
テプンもなんだかんだといって協力的になったし。
 「長い髪の可愛い子」が彼のイメージですって。セビョク。

 兄のテヨンのほうは、ユニ母に猛烈アタックしていますね。
年齢差と子どもがいるのにかかわらず、
アタックされてユニ母は戸惑いを隠せないでいますけど。
なかなか、初婚で子持ちの女性とは結婚しにくそうですもんね。

 逆にお母さんのほうは賛成みたいですね。
ユニには悪いけど、泣いてもらうしかないかも。
あこがれに近い要素っぽい気もしますしね。
 案外、テヨンの言うことが真実やもしれません。

 区長の妻は、反省したらしく(笑)
送られてきた品物をキャンセルしていましたが、
それで区長の誕生日を思い出してよかったですね。
でもあの花の贈り物。
てっきり、ホセがセビョクにあてたものだと思っていた(笑)

 いろいろあったから、頑張って料理したのに
肝心の夫は帰らず、実家で宴会中。
そりゃあ、怒るのも無理ないかなと。
ちょっと今回はかわいそうでした。
料理も台無しになるわけですし。凝っていましたしね。
 帰ってからその事実を旦那は知るわけですけど。

 なんで、アピールしなかったんだみたいな
発言をしていたけど、
知ったのは今日ですから。
アピールするのは無理です(笑)
 わかめスープはお祝い事には韓国では必須ですよね。
食べているシーンを見ると私も食べたくなります。

 釈放されたのにかかわらず、
セビョクはサウナの住み込みがダメになってしまったんですね。
たとえ無実だったとしても、お断りだなんて…。
ちょっとひどすぎだけど、
あのマッサージ屋に会わずに済むから、よかったかな。

 だけど、携帯落とすし、雨は降るし。
散々でしたよね。お父さんも心配するのは無理ないですよ。
でもなぜ電話番号を知っているんだろうと思ったけど、
よく考えたら、引越しの際に、
番号を控えていたからなんですね。
一瞬戸惑ってしまいました。

 GPS機能もないから、
どうやって居場所を突き止めるんだろうと思ったら、
拾った人がかけてくれてよかったですよね。
みるに見かねたお父さんが家に来なさいと言いましたよ~。
もしかしたら、居候をさせてもらえるかも??

 テプンがセビョクに対する態度も変わりつつありますしね。
やっぱり、スビンがナヨン母に
ネックレスをプレゼントしようとしていたということを
聞いていたのがポイントたかそう。

※ 恋愛ドラマ「君は僕の運命」【全178話】とは? ※

余談。

 韓国といえば、お祝い事に欠かせないわかめスープ。
しらべたら、結構ありました。
ちょっと韓国風味な感じが。




 メーカー名? の白雪の名前にビビビ。
食べたら白雪姫の様になれたり…しないか(笑)





 本でもあるんですね。
タイトルからして、泣けそうな感じが…。




 こちらに詳細もあり。

お母さんのワカメスープ

お母さんのワカメスープ

  • 作者: コ ヘジョン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

恋愛ドラマ「華麗なる遺産」【全28話】5話「運命のイタズラ」 [▲「華麗なる遺産(2話~)」]

 豪邸にあのおばあちゃんがいるだなんて
ウンソンびっくりしていましたね。
天涯孤独だといっていたのに、
立派な家を持ち、家族までいるんですもの。

 それでおばあちゃんが家に呼んだ理由は、
ウヌを探す代わりに一緒に住むこと。
おばあちゃんの家族からしたら、ええ? 
となりますよね。

 赤の他人が一緒に生活するんですもの。
命の恩人とはいえ、孫のファンにとっては、
荷物を持ち逃げした泥棒だと思われているわけですし…。

 ウンソンも泥棒扱いされてまで、
居候したくないですよね。
だけどウヌを助けるために、住むことを決意したわけですが、
まさかファンが関わってくるとは
予想だにしていなかったわけで、うんうん。
ウンソンの動揺が伝わってきます。

 伝わるときたら、ジュンセの気持ちもわかるなぁ。
ウヌのポスターをレストランいっぱいにはっているんですもの。
ウンソンに協力したい思いが伝わってきます。

 それにウンソンにとって、
他の場所に張られていたポスターが
地面に落ちちゃっているのをみた後ですもの。
すごいありがたいですよね。

 そのジュンセのレストランのポスターをみたスンミ。
ウヌが行方不明になっているのを知ってびっくり仰天。
その行方不明にしたのが自分の母親だと知ったら、
どうするんでしょう。
それにファンとパスタを食べに行く予定だったのに、
食べずに飛んで帰ったんだろうか(笑)

 そのポスターを受けて、
継母が旦那の49日の法要へ行くことを決意。
それって、ウンソンとのわだかまりを
解くためのものだったんですね。
自分がウヌを捨てたのに、しらじらしいなぁ。

 スンミはまだ本当のことを知らないからいいにしても、
ファンの家にウンソンが居候する上、
チンソン食品に入社することになって、
いろいろ感情が変化していくんでしょうね。
最初は罪悪感から嫉妬という。

 チンソン食品といえば、
おばあちゃんが社長なんですよね。
面接にきたウンソンってばびっくりですよ。
社長直々に面接ですからね。
 
 コネで入ったことでいろいろ言わされそうだけど、
ウンソンのバイタリティで会社の中心人物に
なって行くんじゃないかなぁ。
それでスンミと争うの。という予想を立ててみる。

 そういえば、食品会社なわけで、
君は僕の運命」のロハス社と提携はあったりするのかなぁ。
なーんてね。

 にしても、死んだと思われていたお父さん。
継母と会うため、エステに電話すると言う手段に。
というか、エステに行くお金あるんですね。
もうすでに全額払い込んでいるんでしょうか。
ラストで旦那と再会して、
心臓が止まりそうになっていましたね。
報いですよ。

 こっそり自分の裏金を使って、
チンソンの加盟店に入ろうとしたわけですから。
それに経歴を偽造してまで。
でもま。とりあえず、
父親は生きていることだけは正解ですね。

恋愛ドラマ「華麗なる遺産」【全28話】とは?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。