So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】第12回「新たな試練」 [▲トンイ(1話~)]

 画面が乱れるのが相変わらずでして、
きれいに録画できるときとできないときとがあり、
この回もヒットしてしまい…(泣)
録画残数なのか、録画数なのかわからないのです~。

 でも前回と違い、全滅ほどでなかったのでよかったかな。
だけどトンイが夜中に勉強するシーンが3回。
なぜかヨンダルとチョンスが酒を飲んで、
チョンスが夜空にたそがれているシーンが3回。
しかもたそがれているところだけ。

 あとミン尚宮(サングン)=ポン尚宮(サングン)と
チョン尚宮(サングン)が
定期試験について話しているシーン2回。

 残念だったのは、オクチョン母とテプン妻とのバトルが
途中で途切れたことですかね。
切れていてもあとで続きがみられる場合があったのですが、
同じところで切れていたので、やりとり見たかったですね。

 でもなんとなく切れ切れでもストーリーが
つながっている感じなのでまだよかったのですが、
どこでそのシーンが入っているのか
首を傾げるところもあり(笑)
早く修理をせねばっ。

 トンイが部署が変わる。
それ以上に身分が上がると言うことは
宮中での大事件だったみたいですね。
だけどそこでいいなと思ったのは、
皆が昇格を喜んでいると言うことです。

 さみしいのもあるけど、それをこらえ、
温かく送り出そうとしている。
トンイが掌楽院(チャンアゴン)で
どれだけ愛されてきたかわかりますね。

 でもちょっと腑に落ちないのが、その地位のことです。
兄は奴婢ながら、掌楽院(チャンアゴン)の一員として、
やってきたわけでしょう。
もしかしてキーセンだった
あの彼女に口利きされて入り込んだのかしら。
それか剣契(コムゲ)のために身分偽造したとか?

 トンイが入ることになった監察府(カムチャルブ)。
女官たちはトンイが来ることをよしとしないんですね。
それ以前に、監察府(カムチャルブ)って
エリート中のエリートが選りすぐられてくる場所とは。

 ま、刑を取り締まる部署だから当然と言えば当然ですが、
身分によることの差別かとおもいきや、
トンイがオクチョンの推薦で入ったことが問題なんですよね。

 言ってみれば、王妃様の敵であり、
以前、取り調べで無罪が確定(したはず)したにしろ、
黒のイメージが強いわけで…。

 王妃がトンイを押したということで収拾ついたけど、
そういうイメージがついているから、
その中で認めらるのは並大抵のことではないですよね。
そんな状態の中で、大妃(テビママ)は
追い出そうとするんですよね。
のちに西人(ソイン)派になるというのに。
しかも監察府(カムチャルブ)の試験という
正当性な理由で持って。

 上に立つ人間がそんなひどくないですか~。
提案した尚宮(サングン)も尚宮(サングン)ですが、
入って三日の人間に何ができるんだという。
でも夜中に勉強していたから、
もしかしてトンイならできるかもと思っていたんですが。

 ほら豆知識とかも得意ですしと思っていたら、
中庸(ちゅうよう)ときました。
トンイが知らないと言っていた儒教の書のことですよね。

 まっ、いやらしい。
ゆっくり進めばいいとおっしゃっていたじゃありませんか。

 ――はっ、本来ならオクチョンは
三大悪女の一人で悪役なのに応援している私がいる(笑)
 今のところ大妃(テビママ)が優勢で王妃の出番はなかなかですね。
張禧嬪(チャン・ヒビン)」の王妃は
すっごい聡明で存在感があったんですが。

 けど試験を受けなきゃいけなくなったことで、
周囲の目が変わっていくんじゃないかな。
特に隣に座っていた女官。相関図で
こちらの場合は登場人物ですね。
で調べたら、チョンイムですね。
チャングム」のシンビみたいな感じかな。

 大柄な女官・エジョンも仲間になるっぽい節が書かれており、
チャングム」のチャンイみたいな感じかなと予想中。
 そのエジョン演じる役者さん。
どこかで見たことがあるなぁと思っていたら
ラブトレジャー~夜になればわかること~」の
スズキハナコ役で出ていたそうで…。
それで見覚えがあったのかな。

 けどトンイ。
奴婢たちから試験のことを教えてもらえてよかったですね。
しかも洗濯していたら、私たちがやりますと言ってくれて。

 トンイが洗濯をするのは、
あれはもはや癖なんでしょうけど。
女官として見てくれたのでよかったですよね~。
これから彼女たちに情報を教えてもらいつつ、
成長していくのかなぁ。

 チョンス。チャン・ヒジェとあったことがあったんですね。
ヒジェって、おバカに見えて実はカシコブレーンと来ましたか。
オクチョンがかしこいわけだから、兄もになりますよね。
でも母親はかしこくは…見えないかも。
でもテプンの妻とのバトルは面白い~。
あとでテプン達。懲らしめられたんでしょうか。気になるわ。

 王様。かなりトンイにご執心ですね~。
監察府(カムチャルブ)の女官が通っただけでも
反応していましたもの。

 だけど王だとばれるのがちょっと嫌みたいで、
彼女と会うときはただの平凡な男として
会いたかったと言っていましたが、
判官(ハンガン)さまにしても、平凡じゃないと思いますが…?
 ま、王様と比べたらね。

歴史ドラマ「トンイ」【全60話】とは?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。