So-net無料ブログ作成

歴史ドラマ「女人天下」【全150話】 [┠歴史もの]

 韓国版大奥。
王妃と側室3人の間に主人公ナンジョンが
下剋上をしようと知力をめぐらし、王妃の兄の側女となり、
殴りこみ。王妃のブレーンとなり、
計略を張り巡らして、家臣たちを追いだし、
ついには栄光を手にするが…。

 三大悪女のひとり。「張禧嬪(チャン・ヒビン)」と違って、
側室でもなく、王家の血を受け継いでいるものの、
知らないで育ったという経歴の持ち主。
 悪女と呼ばれるくらいだから、王の妻なのかと思いきや、
手堅いところからコツコツと上りつめる努力家な印象。
 側女の娘として、人間扱いされない生活をしてきたわけだから、
這い上がるバイタリティ精神はすごいです。
 そのバイタリティ精神にあやかりたい…(笑
 それをもっと野心のためにつかわなければ、
よかったんでしょうけどね。

 「張禧嬪(チャン・ヒビン)」を先にみられた方には、
側室のひとりであるこちらの禧嬪(ヒビン)は
ものたりないかもしれませんが、(愛嬌はありますけどね)
敬嬪 (キョンビン)が役割を見事に果たしているかもしれません。
王妃との対決は絶品ものです。

 どろどろの女の争いはドロソースよりも濃く、
政治の醜い部分は現代と変わらないなと納得させられ、
ヘタレな王様中宗(チュンジョン)に
ガツンと言いたくなる作品です。

 大奥は好きだけど、150話はなぁと思われた方は、
張禧嬪(チャン・ヒビン)」を。100話を見られた方は、
絶対+50話はかるいです。
師匠! どこへでもついていきます~って
いそいそついて行きたくになることまちがいなし!

 ヘタレな中宗(チュンジョン)に肩透かしを食らった方は
ぜひ、「宮廷女官チャングムの誓い」を。
こちらの王様はりりしいはずです(笑
 王妃はやっぱりどちらも賢いです★

 ●歴史ドラマ「女人天下」● 【全150話】
   |
   | レビューを始めたのが140話からなので、ご了承ください。
   |
  ・第140話 「新たな勢力図」
  ・第141話 「空に太陽は1つだけ」
  ・第142話 「我が命、我にあらず」
  ・第143話 「毒入りの甘酒」
  ・第144話 「疑惑」
  ・第145話 「燃え上がる東宮殿」
  ・第146話 「王世子の即位」
  ・第147話 「苦い薬」
  ・第148話 「垂簾聴政(すいれんちょうせい)」 
  ・第149話 「去る者」
  ・第150話 「天下を取った女人たち」





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(21) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。